本文へジャンプ

PISナビでケータイ検索!
http://pisn.jp



事務局:
山本ヂーゼル工業株式会社
〒418-0073
静岡県富士宮市弓沢町487

Tel: (0544)27-6611
Fax: (0544)26-5233


PISについて

始めに、時代の変化

 「低炭素型社会」・「脱化石燃料社会」という言葉を聞かない日はなく、車も技術の進歩とともにガソリン・軽油・LPG等の化石燃料を大量に諸費する時代から、エコ・環境に配慮した車が開発され、日常生活に入ってきました。


 特に次世代電気自動車(EV車)は自動車業界の概念を壊す力があると言われております。

自動車メーカーはエンジン技術そのものが生命線と言われております。そのエンジンがモーターに変化していこうとしています。しかもこの流れは誰も変えることができません。

PIS(プラグ・イン・ステーション)ネットワークまずは整備事業者から

 PISはEV専用充電設置場所(普通充電・中速充電・急速充電)と解釈してください。急速充電設備は大電流を供給する為、大変高額費用がかかり普及にはまだ時間がかかります。 中速充電器は充電器メーカーが今開発を行っておりこれも時間がかかります。

 PISは安価な設備費ですむ200V普通充電所を基本にまず自動車関連事業者を中心に 全国ネット網を構築し枝を伸ばしていきます。PIS事業者は来るであろうEV自動車の情報収集・発信のためのアンテナの役目をお願いいたします。

 

2009.11.2  静岡県の富士宮市役所に県内第一号の三菱IMIVEが納車されたのを機に富士宮市から始まりました。さらにPIS第1号設置所となっていただき、現在使用情報を収集していただいております。



PISコアについて

PISコア

 EV関連の全ての情報の窓口としてPISコアを推し進めております。

このPISを地域活性化の核にしようという考えの方も現れました。低迷している観光地にPISネット網を呼び掛けEV車対応型ホテル・旅館・レジャー施設のゾーンを立ち上げたい。

 地域のGSが高額投資はできないがPIS事業に参入したい。地場スーパーからもPIS設置希望がきております。富士宮市は環境に優しい町をPRしたいとの考えからPIS第1号設置場所に登録していただきました。またEVをビジネスチャンスと考えている方々が多数おります。


  特にメンテナンスができる整備事業所は地域の核(PISコア)になっていただき自動車関係以外のPISのサポート役になっていただきます。また参加者のアイデアを形にしていきます。PIS網が広がり情報が付いてきますその情報交差点がPISコアネットワークです。小さな充電コンセントが大きなうねりを起こすかもしれません。